中古フォークリフトはどういう分野で使われてるんですか

中古フォークリフトと一言で言っても、かなり多義に渡っているのが現状です。
自社の工場や倉庫で使用を考える場合、どの程度の大きさの仕様がいいのか、きっと迷うと思いますので、おおかたの使用の条件別での中古フォークリフトの選び方を参考にして見て下さい。
まずエンジン式と電動式がありますが、大きさの種類の豊富なエンジン式からお話して見ましょう。
工場や倉庫作業で、比較的小さな部品や商品を扱う場合は、0.7~0.9トンの所謂1トン未満の、軽量フォークリフトとなります。
1トン未満の場合は、比較的簡単な操作講習終了のみで資格が得られる為、ちょっとした作業にも想像以上の効果が期待出来ると思います。
次は1トンオーバーになり、資格も「フォークリフト運転技能講習終了証」は必要ですが、本格的な業務、特に運輸関係などで多く利用されている、フォークリフトの標準となる大きさで、1~3.5トンのものが主流となっています。
操作性もよく、広く行き渡っている為、中古フォークリフト価格もこなれており、購入し易い仕様と言われています。

パインクレストアセットマネジメント

パインクレストアセットマネジメント

パインクレストアセットマネジメント

田中英壽

渡辺パイプ

menu

更新情報

中古フォークリフトも、1トン未満の積載能力程度の小さいものから、40トン以上の積載能力を誇るものまで

中古フォークリフトは、どのくらいの大きさまでありますか

中古フォークリフトを初めて使用しようと考えた時、いったいどの様な資格を、何処で取得すればいいのか迷う

中古フォークリフトの”操作”と”運転”は違うんでしょうか

中古フォークリフトにも、その用途に応じたいろいろな種類が存在しているので、その内容を簡単に説明します

中古フォークリフトにはどのような種類があるんでしょうか

中古フォークリフトには、”サイドフォークリフト”と言う、ほとんど目にしたことが無いような特殊な形状を

中古フォークリフトの種類

Copyright© 中古フォークリフト All Rights Reserved.

中古フォークリフトはどういう分野で使われてるんですか